2020年5月「新しい観点からとらえる現代のがん医療」講座とシンポジウムのお知らせ

注目

「新しい観点からとらえる現代のがん医療」~アントロポゾフィー医学的統合腫瘍学より~
講座とシンポジウムのお知らせ

日時:2020年5月6日(水祝)10:00 – 16:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
参加費:6000円 学生4000円

10:00 – 13:00 「癌の本質と治療について」ハラルド・マテス 通訳 入間カイ
14:00 – 14:15 ライアー演奏 勝田恭子(音楽療法士)
14:15 – 16:00 シンポジウム「統合腫瘍学の現状と未来について」
シンポジスト:ハラルド・マテス
パネリスト:萩原優 浦尾弥須子 藤原葉子
司会:小林國力

日本では、生涯でがんにかかる人が二人に一人と言われています。多くの場合、がんは死につながる不治の病である一方、近年の医学の進歩によって、長期に付き合う病気にもなってきています。
では、そもそもがんとはどのような病気なのでしょうか?
ウイルスや遺伝が関与するとわかっているものも一部ありますが、ほとんどが原因は不明で、予防のためにはストレスを減らして、生活習慣に気をつけましょう、というような一般論しか言われません。再発を予防したいと考えても、患者さん自らができることは、そう多くないのが現状です。また、通常医学の進化が著しいとしても、やはり副作用で苦しんだり、望まない治療をせざるを得ない場合もあると思います。
がんという疾患の本質的な意味を、医療者とともに患者さん自身が考えることができ、通常医学も含めた正しい知識とともに患者さん自身が選択し、それを医療者が支えることが重要です。そのためには、通常医学の発展とともに、統合的で補完的な医療が加わること、その両者による新しい統合的ながん治療が必要なのではないでしょうか。
世界的にも、がん治療に対し、通常医学と統合的な医学が協働する統合腫瘍学は新しい潮流を生み出しています。
アントロポゾフィー医学は、ちょうど100年前に哲学者であり社会運動家でもあったルドルフ・シュタイナーとイタ・ヴェークマン医師によって創始された医学体系です。通常医学を否定せず、拡張するという視点で、世界各地で発展しており、統合腫瘍学の分野でも、ヤドリギ治療などが注目されています。
今回は、アントロポゾフィー医学の観点から、がんの本質を捉え、通常医学をより統合的で人間的な医療に拡張する視点、そして具体的な治療を学び、シンポジウムでは、様々な経歴をお持ちでがんに関わる現場におられるシンポジストのみなさまと統合腫瘍学の現状と未来について、それぞれの立場からのご意見をお聞きし、深めていければと思います。


続きを読む

2019年10月 東京・岡山・久留米 ケン・タナカ氏「オランダの精神医療から学ぶ」講演のお知らせ

当医師会会員でもある精神科医のケン・タナカ先生がオランダから来日され、久留米、岡山、東京で講演を行います。オランダのリーフェグッド・クリニックでは地域でのリカバリーを支援するため、通常医学に加え、アントロポゾフィー医学の理念に基づく精神科ケアの実践が行われています。
当医師会主催もしくは共催ではなく他団体主催の講演となりますが、関心のある方は足をお運びいただきたく、主催団体様の許可を得て掲載させていただきます。

ケン・タナカ氏
ドイツ生まれ。アムステルダム自由大学医学部卒。その後、急性期の危機介入などの精神科医療、オランダ司法精神医療施設での依存症の治療、FACT(flexible assertive community treatment)の精神科治療にあたる。2013年よりリーフェグッド・クリニック(Lievegoed Klinik)とGGZ Centraal精神病院に勤務。

久留米講演(Lily of the Valley 主催)
「オランダにおけるリカバリー志向の地域精神医療」
2019年10月19日(土) 10:00~12:30 久留米大学医学部看護学科 講議室5 (4F)
http://forms.gle/tssoUZBFMJQAj4jB8

続きを読む

11/2-5 アントロポゾフィー歯科学講座「歯から探る人間の神秘」

2019年秋 アントロポゾフィー歯科学講座 「歯から探る人間の神秘」

講師:クラウス・ハウプト氏

2019112()3(日・祝)4(月・祝)5()

今日、歯に関しては、咬み合わせ、歯並び、また矯正などの問題も含め多くの問いが寄せられています。歯は単なる人間の一つの器官のように捉えられがちですが、実は歯科の領域を超えて、心のあり方や行動など子どもや大人の存在全体に大きく関わっています。また、アントロポゾフィーの観点から歯と黄道十二宮や惑星といった宇宙との繋がりを探ることで、人間の深い本質の理解にもつながっていきます。さらには、前世の在りようが歯に示されるということにも視線が向けられます。

講師のクラウス・ハウプト氏はミュンヘン在住の歯科医師です。アントロポゾフィー歯科医学の第一人者で、世界各国で講演を行っています。今回は日本でハウプト氏のお話を伺える貴重な機会です。多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

◇日時と会場 :

11月2日(土)~4日(月・祝):国立オリンピック記念青少年総合センター
(部屋未定)各100名
11月5日(火): 交流スペース ココファン横浜鶴見 60名

◇対象 :医療従事者全般、教育に関わる方、一般の方


続きを読む

予防接種/ワクチンに関する声明

注目

ゲーテアヌム医学セクション、およびアントロポゾフィー医学を実践する各国の医師会の連盟であるIVAAから予防接種/ワクチンに関する声明が出されました。
https://www.ivaa.info/latest-news/article/article/anthroposophic-medicine-statement-on-vaccination/
以下に日本語訳を掲載いたします。当医師会もIVAAに加盟しています。

予防接種についてのアントロポゾフィー医学の声明
2019年4月15日 プレスリリース
ゲーテアヌム医学セクション、およびIVAA

ワクチン(予防接種)は、健康教育、環境衛生および適切な栄養とともに、感染症を予防するために重要な手段です。前世紀に、ワクチンは数え切れないほどの命を救ってきました。例としてワクチンは天然痘の根絶を可能にし、近年ポリオも撲滅に近づきつつあります。

アントロポゾフィー医学は、国際保健に対するワクチンの貢献を全面的に評価しており、生命を脅かす病気を予防するための重要な手段として予防接種をゆるぎなく支持しています。アントロポゾフィー医学は反ワクチンではなく、反ワクチンの動きを支持しません。

アントロポゾフィー医学の修練を受けた医師は、その国の法律に従って行動し、関連する科学的情報およびその国の予防接種の推奨事項を理解するのを助けるために、患者(またはその保護者)に注意深い助言をすることが期待されています。予防接種が義務ではないが、インフォームドコンセント(患者への説明と同意)が必要とされる国においては、個別予防接種スケジュールについて患者(または保護者)と合意することが含まれます。これらには、たとえば乳児期の予防接種のタイミングを調整することなども含まれます。

現在進行している研究や、その地域の感染症のパターンおよび社会経済的なリスクファクターを考慮に入れて、個々のアントロポゾフィー医学の医師は特定のワクチンおよび適切なワクチンスケジュールについての科学的議論に参加しています。アントロポゾフィー医学は科学に賛同の立場を取っており、今日のワクチンを巡って分裂した状況においては科学的な議論を継続していくことがこれまで以上に重要になっています。 詳しくは下記までご連絡ください。

Elisa Baldini, elisa.baldini@ivaa.info

元の声明(英語)のダウンロードは こちら.

ゲーテアヌム医学セクションについて

スイスのドルナッハにあるゲーテアヌム医学部門は、アントロポゾフィー医学の国際的な中心地です。ゲーテアヌム医学部門は、会議と国際的な卒後医学トレーニングコースを通じてアントロポゾフィー医学の更なる発展を促進し、アントロポゾフィー医学の研究と訓練をコーディネートする役割を果たしています。

IVAAについて
( Internationale Vereinigung Anthroposophischer Ärztegesellschaften <ドイツ語> / the International Federation of Anthroposophic Medical Associations <英語> )

VAA、国際アントロポゾフィー医学協会連合は、アントロポゾフィー医学の認知とヘルスケアシステムにおいての導入を推進しています。 IVAAの目的は、アントロポゾフィー医学の利点が広く認識されること、および患者と施療者が補完的なアントロポゾフィー医学および治療に正しくアクセスできることです。
続きを読む

7/14 特別講演会「アントロポゾフィー薬学の源流」

あげつまクリニック 特別講演会
アントロポゾフィー薬学の源流
The roots of anthroposophic pharmacy

第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナー開催に伴い、特別講演会を開催いたします。
アントロポゾフィー薬学は、ルドルフ・シュタイナーの創始した人智学の観点からの人間理解をもとにした薬学ですが、そのさらなる背景として、西洋文化のなかの、錬金術やヘルメス主義といった神秘思想を見出すことができます。とくに薬学という性質上、錬金術の系譜は大きな源泉でしょう。
錬金術の祖といわれる古代のヘルメスから、薔薇十字団の創設者とされるクリスチャン・ローゼンクロイツ、そして錬金術師であり医化学の祖とも呼ばれるパラケルスス。
シュタイナーへと至るまでの神秘思想を錬金術を軸に、薬学の観点から迫ります。

特別講演会チラシ

続きを読む

7/13-15 第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナーのお知らせ

第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナー
アントロポゾフィー製剤と現象学
The basic of mineral composition after the image of a healing plant.
Observations, demonstrations, and contemplations
on “Fundamentals of Therapy” especially from Chapters XIX and XX.

アントロポゾフィー製剤は、どのような認識から、どのようなプロセスを経て作られているのでしょうか。
治療において、それら薬剤や物質は人間にどのように作用しているのでしょうか。

「地球の物質あるいは地球のプロセスと、エーテル的なもの、アストラル的なもの、そして自我との関係についての知識を発展させる時にのみ、治療薬について考えることができる」

本セミナーでは、薬用植物に倣った二つの鉱物複方製剤について解説するほか、『アントロポゾフィー医学の本質』の19章「特徴的な症例」と20章「典型的な薬剤」を参照しながら、治療と物質について、現象学的なデモンストレーションを交えながら考察します。
アントロポゾフィー医学にとって最も重要な文献である『アントロポゾフィー医学の本質』への理解を深めながら、臨床に繋がる実践的なセミナーになることでしょう。
皆様の参加をお待ちしております。

続きを読む

3月31日ミリアム・トリープ医師による医療者・教育者向け講義「児童思春期の発達と病理」

思春期は、親にとっても教師にとっても対応が難しい時期です。ドイツで児童青年精
神科医として活躍されているミリアム・トリープ医師に、最初に思春期のお子さんにどの ように診療されているかを伺います。その後、境界性パーソナリティ障害の予兆としても 現れる自傷行為や摂食障害について、世界中で問題となっている子供たちのメディア消費、 スマホ依存、不登校や社会的なひきこもりについても、お話しいただく予定です。(内容 について若干の変更がある場合もあります。)


続きを読む

3/31 アントロポゾフィー医学体験講座のお知らせ

2017年8月より「アントロポゾフィー医学体験講座」が始まっています。テーマは、人間の身体を形成する「12星座」の秘密です。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

※ キャンプヒル : ルドルフ・シュタイナーが提唱したアン トロポゾフィーに基づく社会活動。学習障がい、心理 面における葛藤を持つ、成人、児童による共同生活。 2010 年時点で、世界 21 カ国 119 カ所で行われている。 1939 年、スコットランド、アバディーン西部ミリティン バーのキャンベル・エステイトでオーストリア人小児科医 カール・ケーニッヒ が、「全ての人間が持っている、身 体 特 性 か ら 独 立 し た 健 康 な 心 理 面 を 育 む 」と い う 理 念 のもとに創設。

牡羊座と受肉・発達の秘密
ゲスト・スピーカー: ファッテメー・ヤコビ  通訳: 竹下 哲生
星座の中で、 牡羊座が担当する人体形成の部位は「 頭部 」。12感覚の中では、 自我感覚(他者の自我に出会う感覚)です。今回は、子どもたちが自我を獲得 し自分になっていく受肉段階と発達の経過をテーマにとりあげます。子どもだ けでなく、最近では大人の「発達障がい」も多く取りあげられるようになってき ました。濃淡の差はありますが、私たちは皆、ある意味、十分に発達しきれ ない部分をどこかにもつ「発達障がい者」ともいえます。ゲスト ・スピーカーの ヤコビさんは、長年キャンプヒル(※)で実践されている「治療教育」の現場に携わっ てこられた方です。 受肉から発達の経過を皆さんと一緒に深めていく機会になれば幸いです

続きを読む

2019年1月6日 アントロポゾフィー医学体験講座のお知らせ

2017年8月より「アントロポゾフィー医学体験講座」が始まっています。テーマは、人間の身体を形成する「12星座」の秘密です。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

水瓶座とバイオダイナミック農法の秘密
シュタイナーの提唱した教育・医学・建築・農業…は、いずれも「光をもたらすもの」と言われています。 ヴァルドルフ教育(光の教育)、アントロポゾフィー医療(光の医療)しかり、バイオダイナミック農法も「光の農業」であり、生産された野菜を私たちがいただく時、そこには従来の栄養学を超えた「光の栄養学」 が必要となってくるでしょう。今回、この光の栄養学の実践者と、オーガニックな生産品を提供してい るお二人を北の大地からお招きし、バイオダイナミック農法の「光の野菜」を味わいます。 新春の光に包まれて、皆さんと一緒に光を分かち合う体験講座です。

※水瓶座は、12 感覚の中で「嗅覚」を担当しますが、この嗅覚は、物質性を超えた超感覚的な「嗅覚」です。 未来のビジョンを嗅ぎ分ける役目と言えるでしょう。

水瓶座とバイオダイナミック農法の秘密
2019年1月6日(日)10:00~16:00
10:00 – 10:45  バイオダイナミック農法の秘密と水瓶座のはたらき / 山本忍
11:00 – 12:30    お話と料理 / 横山アディナ
12:30 – 13:30    ランチタイム
14:00 – 14:45    バイオダイナミック・ヴィレッジ構想 / 伊藤英信
15:00 – 16:00    鼎談 / 横山アディナ・伊藤英信・山本忍

続きを読む

7月1日 アントロポゾフィー医学体験講座「蟹座と耳の秘密」報告

7月1日の第4回アントロポゾフィー医学体験講座「蟹座と耳の秘密/堀雅明先生」は、55名の参加者で無事終了しました。次回第5回は、10月21日(日)「蠍座と痛み・性の秘密」(ゲスト:アンドリュー・ウォルパート氏)です。皆様の参加をお待ちしています。