3/31 第3回アントロポゾフィー医学入門講座のお知らせ

2011年10月より、日本アントロポゾフィー医学のための医師会医師による、全4回のアントロポゾフィー医学入門講座が始まりました。
3月31日の第3回は精神科医の塚原先生による講義です。臨床経験をふまえ、わかりやすくご紹介します。
今回は、増え続けるうつ病について、アントロポゾフィー医学の観点から、回復を促進する生活について考えてみたいと思います。
「アントロポゾフィー医学の視点ってどんなもの?」と思われる方、ぜひお待ちしております。

第2回アントロポゾフィー医学入門講座
「「身体は精神に、精神は身体に
~メンタルヘルスとアントロボゾフィー医学~」

講師: 塚原 美穂子
(ほりクリニック/精神科専門医/精神保健指定医。
HiBiKiメディカルアロマテラピー監修)
http://www.horiclinic.org/
http://hibiki-aroma.net/

日時: 2012年3月31日(土)
会場:
榎町地域センター4F多目的ホール (東西線 早稲田駅 徒歩7分)
http://www2.odn.ne.jp/~hak91920/index.htm
時間: 14:00~16:00

●現代型うつ、非定型うつ・・・
こころの問題についてこれほど注目が当たった時代はなかったかもしれません。
こころのはたらきは「知情意」、すなわち思考、感情、意志でできています。
私たちのこころと身体において、思考、感情、意志はどのように結びついているのでしょうか?
こころが健康なときと、こころを病むときではどのように異なっているのでしょうか。
この講座では、現代で増えているうつ病を例にして、こころと身体の健康を促進する意識や生活とはどのようなものなのか、考えていきます。

● 定員: 40名 (申し込み先着順)

参加費:
一般3000円 会員2000円 学生1000円

申込先:
フォーラムスリーまで、氏名・電話番号・種別(一般/会員/学生)を明記の上、電話、FAX、メールにてお申し込みください。
折り返しご案内致します。

フォーラムスリー
http://www.forum3.com/
Tel.03-5287-4770 / Fax.03-5287-4771
e-mail: info@forum3.com

主催: 日本アントロポゾフィー医学のための医師会(J-PAAM)事務局
e-mail: qqnf5rk49@feel.ocn.ne.jp
共催: フォーラムスリー

2012年 国際アントロポゾフィー医学ゼミナール開催のお知らせ

2012年 国際アントロポゾフィー医学ゼミナール開催のお知らせ

「アントロポゾフィー医学」は、ルドルフ・シュタイナー(1861~1925)によって始められたアントロポゾフィー(人智学)を基盤とし、医学博士 イタ・ヴェークマン(1876~1943)の協力を得て創始されました。人間への深い洞察力をもとに、自然科学による医学研究の成果と高次の精神的/魂的な次元からの理解を統合することで、より拡張された医学が生み出されました。現代に生きる医療者にとって科学的思考にとどまらず、さらに人間個人の全体像をより高い次元で洞察し、より豊かな医療を目指すことは未来の医療として大変重要なことです。

日本のアントロポゾフィー医学発展を目指し、医師養成コースとして国際アントロポゾフィー医学ゼミナール(IPMT)が開催されてから7年の月日が経ちました。日本におけるアントロポゾフィー医学の発展は一歩一歩進んでおり、来春には2012年 国際アントロポゾフィー医学ゼミナールを開催いたします。

続きを読む