7/10 「オランダの地域生活支援型医療」講義のお知らせ

オランダの地域生活支援型精神科医療
~FACT、および人間性重視の地域治療コミュニティの取り組み〜

いま、世界では精神科医療は従来の病院での入院中心の医療から、患者さんが地域の生活を維持できるような治療システムに大きく変わりつつあります。アントロポゾフィー医学の観点から、養蜂、木工、農作業などが治療と運営として行われている、リベグッド病院 ( Lievegoed Kliniek )。オランダの在宅、地域を基盤とした治療システムと、人間的な方法で回復に取り組む地域治療コミュニティの実践から、精神科医療の多様性を探ります。

2016年7月10日(日)13:00~16:00 (12:30受付開始)
東邦大学 医学部第一講義室  http://www.med.toho-u.ac.jp/access/index.html
(大森キャンパス医学部エリア1号館内
http://www.med.toho-u.ac.jp/cam_life/mao_all.html )

講師:ケン・タナカ医師/精神科医。ドイツ生まれ。オランダで育ち、2005年アムステルダムVrije 大学医学部卒。その後、急性期の危機介入などの精神科医療、感情性障害、老年期、パーソナリティ障害、リエゾン、妊産婦や子どもの精神科治療にあたる。オランダ司法精神医療施設で依存症の治療、FACTにも関わっている。2013年よりリベグッド病院に勤務。
(FACT: Functional Assertive Community Treatment 多職種からなるアウトリーチ・チームにより精神障害者の地域での生活を支援する治療システム)

tunagu-0526_m

続きを読む

7/16-18 第4回 あげつまクリニック医薬実践セミナーのお知らせ

第4回 あげつまクリニック医薬実践セミナー
「惑星の金属 2 〜 金属のイマジネーションとしてのメルヘンと現象学」

【日時】2016 年 7 月 16 日~18 日
【講師】 アルベルト・ヨセフ・シュミドリー (ドクタートレーナー、医薬品開発者)
【会場】あげつまクリニック 別館 NOVALIUM 愛知県豊田市今町 2-66

アントロポゾフィーの各分野の理解に惑星の概念はとても重要な位置を占めています。 第1回目の土星・月・太陽に引き続き、 第2回目の今回は、水星・金星・火星・木星にそれぞれ深く関わる金属について、 そのイマジネーションとして表現したメルヘンとともに、アントロポゾフィー薬剤に関する現象学を学んでいきます。

ちらし裏 ちらし表

 

続きを読む

6/5 第16回アントロポゾフィー医学入門講座のお知らせ

2011年10月より、日本アントロポゾフィー医学のための医師会医師による、アントロポゾフィー医学入門講座を行っています。2016年6月5日の第17回は耳鼻科医の福元晃先生による講義です。

アントロポゾフィー医学入門連続講座⑰/アントロポゾフィー音楽療法連続研修講座
「耳から見えるもの —生命プロセスとしての耳の役割—

講師 福元 晃 (耳鼻科医
司会 山本 忍

2016年6月5日(日)10:0016:00
10:0012:00 お話と質疑応答 福元 晃
13:3016:00 芸術療法症例検討会 

会場  大倉山記念館ホール 同記念館内10集会室
http://o-kurayama.com/access.html

講師からのメッセージ
今回はアントロポゾフィー医療の観点から耳について考えてみたいと思います。そのとき耳や音楽体験からは何が見えてくるのでしょうか?「音楽体験は人間全体に関係しています」とシュタイナーは述べています。それはどのようなことなのでしょうか? 前半では耳の発生から成長、老い、また耳の解剖、生理、代表的な病気などについて一般的な医学の観点から概観してみたいと思います。後半では楽器の体験などを含め、アントロポゾフィー医学における研究から音楽体験について探ってみます。7つの生命プロセスについてシュタイナーは示唆していますが、聴覚プロセスと生命プロセスとの間の関連について考察してみたいと思います。

福元 晃(ふくもと あきら)なかがわ耳鼻咽喉科院長。日本アントロポゾフィー医学の医師会会員。1972年千葉県生まれ。日本医科大学医学部卒。医学博士、耳鼻咽喉科専門医、アレルギー専門医。東埼玉総合病院の医長を経て、09-10年ドイツ・オイゲンコリスコアカデミー留学。帰国後横浜市都筑区中川で「なかがわ耳鼻咽喉科」開院。なかがわ耳鼻咽喉科HP http://www.nakagawajibika.com/

入門講座6月福元晃-表

入門講座6月福元晃-裏

続きを読む

2016年5/3-5「アントロポゾフィーに基づく医療と教育のための集中セミナー」開催のお知らせ

2016年のGWに精神自由大学医学部門代表であり、小児科医でもあるミヒャエラグレックラーさんをお招きして、アントロポゾフィー医学を学ぶ医師・医療従事者とヴァルドルフ教育を実践している教師たちのための宿泊型セミナーを開催します。
教師と医療者が集い、アントロポゾフィー医学を通して子どもの成長発達を丁寧に学びます。
教師や子供に関わる医療従事者だけでなく、直接子どもに関わらない医療従事者の方にも、現実の自分の専門領域で応用し生かしていけるような内容を考えています。詳細はフライヤーをご覧ください。
フライヤー最終版P1、4フライヤー最終版P2-3・・・・・・・・・・・・・・・
アントロポゾフィーに基づく医療と教育のための集中セミナー
~ 真の医療的な教育、教育的な医療の実践のために~

【日 時】 2016年5月3日 (火・祝)~ 5日(木・祝)
【会 場】 ホリスティックスペース「水輪」 (長野県長野市上ヶ屋2471-2198)
http://www.suirin.com/


【内  容】

午前:「歩く、話す、考える」の視点から見た子どもの成長/発達を深く学ぶ全体講義
午後:午前の内容に関係する芸術体験、グループワークによる研修など
夜 :午後の分科会の内容を受けての全体講義

2/7 第16回アントロポゾフィー医学入門講座のお知らせ

2011年10月より、日本アントロポゾフィー医学のための医師会医師による、アントロポゾフィー医学入門講座を行っています。2016年2月7日の第16回は神経内科医の志水祥介先生による講義です。

アントロポゾフィー医学入門連続講座⑯/アントロポゾフィー音楽療法連続研修講座
「シニアの健康と病い 
~健康観から認知症への理解まで~」
講師  志水祥介 (神経内科医
司会 山本 忍

201627日(日)10:0016:00
10:0012:00 お話と質疑応答 志水祥介
13:3016:00 芸術療法症例検討会 

会場  大倉山記念館ホール 同記念館内10集会室
http://o-kurayama.com/access.html

講師からのメッセージ
人間にとって「老いる」とは、いつの時代においても大きなテーマのひとつであり、とりわけ超高齢社会を迎えたこの日本において、各人がこの「老い」について特別な関心をもって考えなくてはならない時代がやってきました。人間だれしも生きている以上は年をとるのであって、誰にとっても他人事ではすまされません。私たちはシニア時代をいかに過ごすことができるのでしょうか、そして、いかにしてこのシニア時代を見つめていくことができるのでしょうか。今回、シニアの健康と病いをテーマに、老いることに対する健康観について皆さんと考えてみたいと思います。さらには、現代社会の時代病として注目されている「認知症」について、現代神経学とアントロポゾフィー医学の観点の両側からじっくり検討したいと思います。この講座への参加を通して、老いとは何か、真の健康とは何か、そして私たちはいかにシニア時代の健康を形成していくことができるのかを皆さんと共に考えてみましょう。

2016年2月入門講座(表)志水祥介講師 2016年2月入門講座(裏)志水祥介講師

続きを読む

12/6 第15回アントロポゾフィー医学入門講座のお知らせ

アントロポゾフィー医学入門連続講座⑮/アントロポゾフィー音楽療法連続研修講座

ペアレントトレーニング ~アントロポゾフィーの観点をとりこんで~

 講師  竹内 真弓 (精神科医  

子どもたちの成長に有効な影響を及ぼすことができるのは、親や教育者のもつ人間本性の一段高次の部分(肉体に対してエーテル体)であることをシュタイナーは「治療教育講座」の中で教育原則として解説しています。今回の講座では、特に親のトレーニングについて、精神科医の竹内先生にお話いただきます。自らの子育て経験や、精神科医療の現場の話題を交えて有意義な場となることと思います。また午後の音楽療法の症例検討会では、障がいをもつ親の立場にも焦点をあてながらディスカッションしていきます。学ぶ志しをもった方のご参加を歓迎いたします。12月入門講座竹内真弓-1 12月入門講座竹内真弓-2

続きを読む

【東京/大阪】8/23 「家庭でできる外用手当入門」のお知らせ

アントロポゾフィー看護師の会 第18回-19回 公開講座

テーマ:「家庭でできる外用手当入門~植物素材を用いた巻きシップ」

日時:2015年8月23日(日)14:00~16:00
【関西地区】
講師:揚妻由美子氏
場所:大阪市立男女共同参画センター クレオ大阪中央
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25
【関東地区】
講師:村上典子氏
場所:セシオン杉並(高円寺地域区民センター)第2和室
〒166-0011 東京都杉並区梅里1丁目22-32
対象及び定員:一般向け 20名
参加費(資料第含む):一般 2700円/会員1700円/学生100円
(当日参加 500円割り増となります)
第18回 関東 公開講座  第19回 関西 公開講座 

 

 

 

 

続きを読む

7/20 あげつまクリニック医薬実践セミナー 特別講演会

あげつまクリニック医薬実践セミナー
特別講演会 「金の運命 光りと重さの間で」

         金の現象:実験のデモンストレーション
          金のメルヘン:イメージを現す物語
               金による治療

古代より太陽との関連性のなかで認識されてきた金という金属は、光と重さという一見相反する要素を持ってい ます。そのような性質を持っている金がどのような現れ方をするのか実験を通して現象を観察します。また、昔 から伝えられてきたメルヘンの中ではどのように象徴的に表されているのでしょうか。ならびに、金による治療 法もご紹介します。

特別講演会チラシ_2

 

 

 

 

講師 : アルベルト・ヨセフ・シュミドリー氏 ( ドクタートレーナー,医薬品開発者 )
通訳 : 入間カイ氏

日時 2015 年 7 月 19 日 ( 日 ) 16:00 – 19:00
会場 あげつまクリニック別館 NOVALIUM ( 愛知県豊田市今町 2-66 )

参加費 2,500 円
申込 下記まで「お名前」「ご連絡先(メールアドレス/携帯電話)」「ご住所」を明記のうえご予約ください。

アントロポゾフィー医学のための医師会(J-PAAM)事務局 ( 担当 : 井上 )
E メール : qqnf5rk49@feel.ocn.ne.jp Tel/Fax:045-592-0067

続きを読む

7/18-20 第3回あげつまクリニック医薬実践セミナーのお知らせ

『惑星の金属』金属のイマジネーションとしてのメルヘンと現象学・・・7つの惑星に深く関わる金属について、そのイマジネーションとして表現したメルヘンとともにアントロポゾフィー薬剤に関する現象学を学んでいきます。
定員の関係上医療従事者優先とさせていただいておりますが、空きがありました場合一般の方のご参加も歓迎いたします。お問い合わせください。

 【日時】  2015年7月18日(土)- 20日(月祝)  

【会場】  あげつまクリニック(愛知県豊田市)
http://www.h7.dion.ne.jp/~agetsuma/

あげつまセミナー表 あげつま裏2

続きを読む

6/7 第14回アントロポゾフィー医学入門講座のお知らせ

2011年10月より、日本アントロポゾフィー医学のための医師会医師による、アントロポゾフィー医学入門講座を行っています。2015年6月7日の第13回は東洋医学医の田中耕一郎先生による講義です。

アントロポゾフィー医学入門 連続講座 14

「みることの学び ― ゲーテ・シュタイナー的植物観察法の本質 ―」

講師  田中耕一郎 (内科医・東洋医学)

この講座は、アントロポゾフィー医学を学ぼうとする方々、関心のある方々のために分かりやすく解説することを目的としています。
会場が、アウディオペーデ(聴く器官の教育の意味/横浜・綱島)から一駅隣の大倉山記念館へと移りました。「聴く」ことの学びから、「観る」ことの学びが今回のテーマです。

植物の形や生態をつぶさに観察することを通して、植物の内にひそむ宇宙の法則に触れていく「ゲーテ・シュタイナー的植物観察法」をわかりやすくお話頂き、この観察法がもっている本質を学んでいきます。

6月7日入門講座(表) 6月7日入門講座(裏)

 

 

 

講師プロフィール 田中耕一郎(たなかこういちろう)北海道大学教育学部、富山医科薬科大学医学部医学科(現:富山大学)卒業。自治医科大学附属病院 一般内科 を経て、東邦大学医学部 東洋医学科 入局。現在、東邦大学医療センター大森病院 東洋医学科 講師。2014年夏、植物学者マンデラ氏を中心に、長野県女神山で、ゲーテ・シュタイナー的観察法による1週間の植物観察合宿、その後東京での講演会で、田中耕一郎先生から、東洋医学からの観方が提示され、アントロポゾフィーと東洋の叡智のコラボが、大好評を博しました。

 

続きを読む