11/2-5 アントロポゾフィー歯科学講座「歯から探る人間の神秘」

2019年秋 アントロポゾフィー歯科学講座 「歯から探る人間の神秘」

講師:クラウス・ハウプト氏

2019年11月2日(土)・3日(日・祝)・4日(月・祝)・5日(火)

今日、歯に関しては、咬み合わせ、歯並び、また矯正などの問題も含め多くの問いが寄せられています。歯は単なる人間の一つの器官のように捉えられがちですが、実は歯科の領域を超えて、心のあり方や行動など子どもや大人の存在全体に大きく関わっています。また、アントロポゾフィーの観点から歯と黄道十二宮や惑星といった宇宙との繋がりを探ることで、人間の深い本質の理解にもつながっていきます。さらには、前世の在りようが歯に示されるということにも視線が向けられます。

講師のクラウス・ハウプト氏はミュンヘン在住の歯科医師です。アントロポゾフィー歯科医学の第一人者で、世界各国で講演を行っています。今回は日本でハウプト氏のお話を伺える貴重な機会です。多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

◇日時と会場 :

11月2日(土)~4日(月・祝):国立オリンピック記念青少年総合センター
(部屋未定)各100名
11月5日(火): 交流スペース ココファン横浜鶴見 60名

◇対象 :  医療従事者全般、教育に関わる方、一般の方
続きを読む

7/14 特別講演会「アントロポゾフィー薬学の源流」

あげつまクリニック 特別講演会
アントロポゾフィー薬学の源流
The roots of anthroposophic pharmacy

第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナー開催に伴い、特別講演会を開催いたします。
アントロポゾフィー薬学は、ルドルフ・シュタイナーの創始した人智学の観点からの人間理解をもとにした薬学ですが、そのさらなる背景として、西洋文化のなかの、錬金術やヘルメス主義といった神秘思想を見出すことができます。とくに薬学という性質上、錬金術の系譜は大きな源泉でしょう。
錬金術の祖といわれる古代のヘルメスから、薔薇十字団の創設者とされるクリスチャン・ローゼンクロイツ、そして錬金術師であり医化学の祖とも呼ばれるパラケルスス。
シュタイナーへと至るまでの神秘思想を錬金術を軸に、薬学の観点から迫ります。

特別講演会チラシ

続きを読む

7/13-15 第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナーのお知らせ

第7回 あげつまクリニック医薬実践セミナー
アントロポゾフィー製剤と現象学
The basic of mineral composition after the image of a healing plant.
Observations, demonstrations, and contemplations
on “Fundamentals of Therapy” especially from Chapters XIX and XX.

アントロポゾフィー製剤は、どのような認識から、どのようなプロセスを経て作られているのでしょうか。
治療において、それら薬剤や物質は人間にどのように作用しているのでしょうか。

「地球の物質あるいは地球のプロセスと、エーテル的なもの、アストラル的なもの、そして自我との関係についての知識を発展させる時にのみ、治療薬について考えることができる」

本セミナーでは、薬用植物に倣った二つの鉱物複方製剤について解説するほか、『アントロポゾフィー医学の本質』の19章「特徴的な症例」と20章「典型的な薬剤」を参照しながら、治療と物質について、現象学的なデモンストレーションを交えながら考察します。
アントロポゾフィー医学にとって最も重要な文献である『アントロポゾフィー医学の本質』への理解を深めながら、臨床に繋がる実践的なセミナーになることでしょう。
皆様の参加をお待ちしております。

続きを読む

3月31日ミリアム・トリープ医師による医療者・教育者向け講義「児童思春期の発達と病理」

思春期は、親にとっても教師にとっても対応が難しい時期です。ドイツで児童青年精
神科医として活躍されているミリアム・トリープ医師に、最初に思春期のお子さんにどの ように診療されているかを伺います。その後、境界性パーソナリティ障害の予兆としても 現れる自傷行為や摂食障害について、世界中で問題となっている子供たちのメディア消費、 スマホ依存、不登校や社会的なひきこもりについても、お話しいただく予定です。(内容 について若干の変更がある場合もあります。)


続きを読む

7/1 アントロポゾフィー医学体験講座のお知らせ

2017年8月より「アントロポゾフィー医学体験講座」が始まっています。テーマは、人間の身体を形成する「12星座」の秘密です。どのように人間の身体は形成されてくるのか、その謎の解明にアントロポゾフィー医学の医師たちが挑み、やさしい言葉で語ります(午前)。そして、午後は芸術体験を通して、体験的に学ぶ機会を設けてあります。また、関連書籍・グッズの販売も会場内で行います。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

蟹座と耳の秘密
私たちはどうして、音を聴くことできるのでしょうか? 耳があることは必要ですが、耳があっても聞こえないこともあります。「聴く耳もたず」「馬の耳に念仏」等々。
どのようにして、耳はつくられたのでしょうか? 耳の中の蝸牛(芸術的な渦巻き構造)はいったい誰がつくってくださったのでしょう? ヒントは蟹座の渦巻きにあります。
蟹座に思いを馳せ、皆さん自身「聴く」ことがどんなに素晴らしいことかを体験する企画です。アントロポゾフィー医学を研鑽する耳鼻科医は、耳の中にどんな物語を見出したのでしょう。堀雅明先生と、音楽療法士・オイリュトミー療法士の息のあったチームの案内で、皆さんと一緒に「呼吸」をあわせて、耳の世界の秘密を聴いてみたいと思います

蟹座を芸術的に体験する
13:30~14:30 蟹座のオイリュトミー  月野和由美(オイリュトミー療法士)
オイリュトミー(美しいリズムの意味)は、「見える言葉」「見える歌」または「魂の体操」と言われ、命の営みに関わる総合芸術です。今回は蟹座とその子音Fを動き、耳が形成されるプロセスや、水の動きのエーテルを体験しましょう。
15:00~16:00 響きで感じる蟹座 川村真理子(音楽療法士)
シュタイナーの音楽療法の特徴は、音の響きを体験することにあります。今回は蟹座の子音Fの音を用いて、響きのエーテルを感じてみましょう。また、聴こえた音が喉からどのように声となって再現され、身体全体に作用するかも体験してみましょう。

続きを読む

7/14-16 あげつまクリニック医薬実践セミナー& 7/15 特別講演会のお知らせ

あげつまクリニック特別講演会

十二感覚と12の貴石
“The headband of the Buddha” The precious stones of the Apocalypse.  The 12 precious stones and their relation to the 12 senses.

12 という数字には何が秘められているのでしょうか。人間には12の感覚があるとシュタイナーは言っています。そしてそれぞれの感覚に深い関わりを持つ貴石が存在します。この12の貴石はヨハネの黙示録に出てきますが、仏教の中での関連は見られるのでしょうか。日本の仏像も取り上げて考察していきます。

講師:  Hr. アルベルト・ヨセフ・シュミドリー(ドクタートレーナー,医薬品開発者)
通訳:  入間カイ

2018年7月15日 (日)  16:00-19:00
あげつまクリニック別館NOVALIUM 愛知県豊田市今町2-66
16:00-18:30   シュミドリー氏 特別講演
18:30-19:00  あげつまクリニック院長コンサート
参加費:  2500円


続きを読む

2018年4月28-29日 ミヒャエラ&ゲオルグ・グレックラー講演会のお知らせ

2018年 春 アントロポゾフィー医療 講演会
主催 一般社団法人 日本アントロポゾフィー医学の医師会
私たちはつながる、世界とつながる ~こども、社会、医療をみつめて~

私たちの 暮らしている この現代社会
私たちの 生きている この時代
そして、子どもたちが これから生きていく未来社会
皆さまはどのように感じていますか

小さな電子機器を持っていれば、瞬時に世界中の情報を得て、何ら制限なく世界中の人々とコミュニケーションをとることができます。一方で、時間を忘れてじっくりと友人と語り合うこと、家族に自分の大切な思いをゆったりと聴いてもらうこと、子どもについて教師とゆっくりと話し合うこと、自分の心身や病気について医師と真摯に対話すること、そして自分自身の人生とどう向き合っていくのかを深く考えることは失われてきてはいないでしょうか。
私たちがこの現代社会で生きていくなかで、本当に大切な「関係性」を築くために、多くの叡智を獲得しなければならない時代になりました。
初日は育児・教育の基礎的なお話から、教育における「関係性」にスポットをあてていきます。さらに、異なる互いに価値観をもつ人間同士で阻害しあうのではなく、そこを超えた真の「関係性」についても一緒に考えてみます。
2日目は医学・医療の基礎的なお話から、医療における「関係性」を考えていきます。最終講義では、未来に向けて自分たちが主体的に生きていくための「熱の力」をテーマに、心身の不調や病気、そしてそれを克服していくことの意味、病いに寄り添う過程にある大切なものを一緒に考えていきましょう。
両日にわたって、現代社会のトピックでもある「眠り」についてもお話をうかがいます。「眠り」は、自己と世界・星々との「関係性」にもつながります。この「眠り」について深く知ることは、私たち自身、そして自然界すべてを考えることになるでしょう。
ドイツからお二人の講師をお招きして、2日間にわたる貴重な時間を共有いたします。この大切な機会が、私たち自身の、社会の、そして子どもたちのよき未来へとつながることができるように、多くの方のご参加を心よりお待ちしております。


続きを読む

1月7日アントロポゾフィー医学体験講座のお知らせ

2017年8月より「アントロポゾフィー医学体験講座」が始まっています。テーマは、人間の身体を形成する「12星座」の秘密です。どのように人間の身体は形成されてくるのか、その謎の解明にアントロポゾフィー医学の医師たちが挑み、やさしい言葉で語ります(午前)。そして、午後は芸術体験を通して、体験的に学ぶ機会を設けてあります。また、関連書籍・グッズの販売も会場内で行います。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

シュタイナーは「肉体の最も美しい現象は、歯の生え変わりという現象にある」という表現をしています。今回は、その歯の生え変わりという現象に焦点をあてながら、山羊座の働きと歯並びの秘密を、皆さんで体験する企画です。山本勇人先生の優しい語り口で、この美しさを味わってみたいと思います。

第3回 2018年1月7日(日)10:00~16:00
「山羊座と歯並びの秘密」(歯科 山本勇人)

10:00~12:00 お話と質疑応答 山本勇人
13:30~14:30 山羊座のオイリュトミー 関矢ひとみ(オイリュトミー療法士)
オイリュトミー(美しいリズムの意味)は、「見える言葉」「見える歌」または「魂の体操」と言われ、命の営みに関わる総合芸術です。今回は山羊座とその子音Lを動き、歯が生え変わるプロセスや、物質を克服する形成力であるエーテル体を体験しましょう。
15:00~16:00 歌で感じる山羊座 平井久仁子(歌唱療法士)
歌唱療法は子音・母音の音を簡単なメロディーに合わせて歌い、その音の響きを身体と心に作用させる療法です。今回は山羊座の子音Lの音を用いて、響きのエーテルを感じてみましょう。また、口腔内で発生された響きがどのように身体全体に作用するかも体験してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

【会 場】  日能研本社ビル会議室

続きを読む

11/3-5 アントロポゾフィー産婦人科学・胎生学講座のお知らせ

11/3-5 アントロポゾフィー医学講座(一般社団法人日本アントロポゾフィー医学の医師会主催)
講師 クリストフ・ツェルム(産婦人科医師)

アントロポゾフィー産婦人科学講座
「月のリズム〜アントロポゾフィー医学から見た女性の性周期」 通訳:入間カイ
 

女性のからだには、月の周期と関係するリズムがあります。新しく生まれてくるいのちの「覆い」となり、健やかに守り育てるために、女性のからだは、毎月準備をしています。月経周期のリズムの中で、女性のこころとからだにはどのようなことが起き、またそれは婦人科系の病気とどのように関連しているのでしょうか。女性であることの意味はどのようなものでしょうか。アントロポゾフィー医学の観点からみていきます。

113日(金祝10:00 – 16:30 (12:30-14:00 休憩)

◆会場 東邦大学医学部大森キャンパス 医学部3号館 第4講義室

◆対象 医療従事者・教育に関わる方・一般(定員100名)

◆参加費

1日 8000円(学生4000円)

胎生学連続講座
「地上に降り立つからだの形成〜胎内での内臓の発達」 通訳:入間カイ

胎内で子どもは地上後の生に備えてからだを作っていきます。その体内では、臓器がさまざまな動きを繰り返しながらダイナミックな発達を遂げています。アントロポゾフィー医学では心臓、肝臓、腎臓、肺の4つの臓器を重視しており、東洋医学と同じくそれぞれが心身にユニークな働きをしていることを見出します。誕生後のその人の成長に長期の影響を及ぼす、内臓や器官の発達の神秘的なプロセスについて、産婦人科医としての経験から、ツェルム医師にお話していただきます。(どちらか1日のみの参加もできますが、続きの内容のため両日の参加をお勧めいたします)

11月4日(土)  10:00 – 16:30 (12:30-14:00 休憩)
11月5日(日) 10:00 – 16:30 (12:30-14:00 休憩) 

◆会場 東邦大学医学部大森キャンパス 医学部3号館 第4講義室

◆対象 医療従事者・教育に関わる方・一般(定員100名)

◆参加費

両日参加 14000円(学生7000円)1日のみ参加8000円(学生4000円)

続きを読む

10月22日アントロポゾフィー医学体験講座のお知らせ

2017年8月より「アントロポゾフィー医学体験講座」が始まっています。テーマは、人間の身体を形成する「12星座」の秘密です。どのように人間の身体は形成されてくるのか、その謎の解明にアントロポゾフィー医学の医師たちが挑み、やさしい言葉で語ります(午前)。そして、午後は芸術体験を通して、体験的に学ぶ機会を設けてあります。また、関連書籍・グッズの販売も会場内で行います。多くの皆様のご来場をお待ちしています。

第2回 2017年10月22日(日)10:00~16:00
「天秤座と皮膚の秘密」(皮膚科 山本 百合子)

10:00~12:00 お話と質疑応答 山本百合子
13:30~14:30 触覚を通じて天秤座を感じる芸術体験 中村朱希絵画造形療法師)
15:00~16:00 アインライブング 鶴田史枝(アントロポゾフィー認定看護師)

チラシ(ワード版)はこちらから 天秤座と皮膚の秘密(山本百合子)3

 

 

 

 

【会 場】  日能研本社ビル会議室

続きを読む