アントロポゾフィー医学とは

アントロポゾフィー医学は、ルドルフ・シュタイナー博士(1861~1925)によって始められたアントロポゾフィー(人智学)を基盤として、イタ・ヴェークマン医師(1876~1943)の協力の下に創始されました。人間の自然治癒力を高め、健康と病気への認識を深めるホリスティックな医療体系です。ひとつの病気を健全なかたちで克服することは精神的成長を助け、他の病気を予防し、真の健康を作りだすことにつながります。ドイツを中心に、現在では60以上の国々で実践されています。
日本アントロポゾフィー医学の医師会は、ルドルフ・シュタイナー博士(1861~1925)によって始められたアントロポゾフィー(人智学)を基盤としたアントロポゾフィー医学の日本での実践をめざす医師の会です。